美猫に変身と、今日も事件が!





淡路ワンニャンクラブは

捨て犬・捨て猫の命を救い

里親探しをしていくボランティアです。

飼い猫が産んだ子猫

餌をあげている野良猫が産んだ子猫を

引き取る場所ではありません。

不幸な子猫を増やさないためにも

避妊手術をお願いします。




子猫の保護のためのケージ・場所が

現在、いっぱいになっています。

捨て猫を見つけてくれた方の

「助けたい」という気持ちを応援しますが

引き取りは、難しい現状です。

ご理解をお願いします。












昨日の親子犬の保護の記事に

たくさんのコメント、拍手を

ありがとうございました。


温室の雑草さんは、今日

愛護センターで、子犬に会ってきたそうです。

恥ずかしがり屋の子

好奇心いっぱいの子がいて

みんな、元気にしていたって。

温室の雑草さんも、子犬に会えて

ホッとしましたね。













卒業にゃんこがいます。

アナちゃんの子供




スヴェン



スヴェンちゃん



4兄弟の中で、一番に卒業ですね。

先住猫さんが2匹いるそうですが

保健所引き出しの猫と

福島の被災猫だそうです。

里親さんのおかげで、みんな

本当のおうちが、できましたね。











スヴェンの可愛い写真

7月16日


アナ・子猫4



小さかったねえ。

アナちゃんの母乳と愛情で

大きくなりました。


スヴェン、卒業おめでとう!!












残った、兄弟


アナ・子猫



ハチワレ具合が、みんな似てる・・・











クリス


クリスちゃん



大きな鼻ぽち。

背中は、真っ黒です。











エルサ


エルサちゃん


全体的に、白い所が多いです。











オラフ



オラフちゃん


お尻のあたり、白い毛が

ラインのように入っています。





覚えた?

覚えられないでしょ。

大丈夫、

スタッフも覚えられないから。

そろそろ覚えないといけないかな。













トライアルを終了した

猫ちゃんがいます。



みけにゃん1



みけにゃんちゃん



8月24日にトライアルに行って

すぐに先住猫ふくちゃんと仲良しになったそうです。


新しいお名前は

小麦ちゃん!!

なんか、ぴったりね。


小麦ちゃん、卒業おめでとう!











みけにゃんちゃんは

姉妹のちゃみけちゃんと一緒に

ほくほくさんのおうちで預かってもらってました。

ちゃみけちゃんは、

保護部屋に移動しました。






保護されたばかりの、



ちゃみけ (2)



ちゃみけちゃん



オメメ周辺が、痛々しいです。

















それが・・・



ちゃみけ


こんなに綺麗な猫ちゃんに

なりました。

素敵~!











ちゃみけ



お膝が大好きなちゃみけちゃん。

早く里親さんのお膝に

のりたいね。














さて、最近保護部屋では

「毎日、何が起こるかわからない」

が、合言葉になりつつあります。



今日も、ドキッとすることが・・・。




私たちがボランティアをする前から

ワンニャンの活動をご存知の方より

電話がありました。

「交通事故にあって、

足を怪我している猫がいる」











保護部屋の近くということもあり

ムートンさんと、かけつけました。




事故 猫2



道路の真ん中で倒れて

どなたかが抱えようとしたら

自力ではって、歩道まで来たそうです。

近づくと、威嚇をして

逃げようとします。











事故 猫1



右足を怪我しているようです。













事故 猫



痛みと恐怖心で、よだれが出ています。

よく見ると、首輪をしているので

飼い猫のようでした。











事故 猫3


怖がらせないように、

ムートンさんが優しく確保。

そのまま、動物病院へ連れて行きました。











首輪の裏に、飼い主さんの連絡先が書いてあり

動物病院へ駆けつけてくれました。


足の骨は大丈夫でしたが

骨盤骨折をしていて、手術が必要となりました。

飼い主さんは泣きながら

「怖がりなのに、外に出たがって・・・」と

おっしゃっていたそうです。

外は、猫にとっては危険がいっぱいです。

後遺症が残らず、元気になりますように。





今回は、交通事故の猫のお手伝いをしましたが

あちこちで、事故は起こっています。

そのたびに、ワンニャンクラブがお手伝いすることは

できません。

どうか、猫ちゃんのために

お家の中で飼うように、お願いします。











最後は

まだまだ小さい



カエラ



カエラちゃん


500グラムに、なったかな?

写真で見るより、ずっと小さいです。











カエラ


腕枕で寂しく寝ている様子に

キュン!と来ませんか?









最新の里親募集状況は「にゃんむすび 里親募集」から

ご支援は、「にゃんむすび ご支援」からお願いします。

ご支援、よろしくお願いします 





今日も押してくれて

ありがとう!!

応援クリックをお願いします。
    
     ↓

人気ブログランキングへ




こちらもポチッと!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村



 


こちらも押してね。






毎日、いろんなことがあり過ぎて

スタッフも精神的に、

かなり鍛えられてます。

とは言え、できたら、

もっと穏やかな毎日がいいなあ・・・。







拍手のあとは、poptekoさんのブログへGO
スポンサーサイト

コメント

都会は仕方ないけど、お家の中だけで飼うことが本当に幸せなのかな?確かに田舎でも車は走ってるから、お外は危険だし病気とかも心配だけど。。猫の集会があったり、蝶々と遊んでたり、屋根に登ったり、そんな自然な風景は、岩合さんの写真の中だけになっちゃうのかな、、、お外でのんびり自由に駆け回らせてあげたい。なんか人間の勝手で猫の野生をなくしてしまってるような気がして切ないです。
  • 2015-08-29 00:17
  • URL
  • #-
  • Edit

名無しさまへ

名無しさまは、どうして都会は仕方がないけれど
田舎だと、外猫はOKだと思われますか?
私も岩合さんの写真展に行って、お外で
のんびり、生き生きとした猫に、いいなあって
思いました。
(目ヤニのついている猫は、一匹も写ってませんでした)

交通事故がなくて、病気がなくて
危険な場所がなくて
猫を嫌がる人がいない場所なら
のんびりできるでしょうね。

こちらには、春からすでに数十匹の交通事故で死んだ
猫の話が来ていますし
(私も、数日前に見ました)
時々、「家猫が帰って来ない」という相談も来ます。
たくさんの病気の猫が来ます。
足で蹴っている人を見たという話も聞きましたし
確実ではないのですが、もっと怖い虐待話も届いています。

そう言う話を聞くと、自分の飼っている家猫を
外に出したくはないですし
保護部屋で助けることができた命を
危険な目に合わせたくありません。

保護団体として、家猫にしていただくよう
皆様にお願いしています。
  • 2015-08-29 06:54
  • URL
  • あーもん #-
  • Edit

岩合さんの写真、いいですね。私も大好きです。草原を走る猫、集会する姿って猫らしいと思います。でも、おうちでやりたい放題やっているのも幸せだなーと感じる猫の姿です。人間の都合を押し付けて切ないということですが、確かにそうです。人間が猫を取り巻く環境を変えてしまいました。実家で飼っていた猫は道端の草を摘んで洗ってから与えましたが、残っていた農薬で中毒を起こしたことがありました。家人は車に何度もはねられた猫を目の前で見ました。田舎ではネズミを捕ると可愛がられる反面、畑を荒らすと追いかけ回されたり、罠を仕掛けて怪我をさせ、放置する人も。私は猫を3匹飼っていますが、人間と変わらない大事な家族だと思っています。できるだけ危険がないようにしてやりたいし、うちの子が、人様が大事に手入れしている畑などを掘り返したりして迷惑をかけることがないように配慮するのは当たり前だと思います。猫らしくないと感傷だけで閉じ込めることに後ろめたさを感じていられるほど、住環境は甘くないものに変わってしまっています。是非一度、考えてみてください。そうして考える人が増えれば、また違った解決法が出てくるかもしれないと期待します。…私は頭がよくないので、室内飼いで命を全うさせることを選びます。
  • 2015-08-29 07:41
  • URL
  • ひまわりとジャスミン、リラのママ #-
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-08-29 09:13
  • #
  • Edit

人間がいなかったら、どうなのかな?

猫たちが完全に野生で、自分たちだけでえさをとり、子どもを育て、命を全うしていく・・・という環境に置かれることができるなら、それが理想なのかもしれないとは私も思います。
しかし、この日本でそんな場所は限られているのではないかなぁとも思います。
だって、どこにでも人間がいるんですもんね。

人間の都合で、繁殖を制限され、外に出ることも制限され、もし猫が人間と同じ言葉を話せるとしたら、「も~いややわぁ~、やめてよ~」って言うかもしれませんね。

でもやはり、日本の多くは猫が猫だけで完結できるところではないんだなと思います。
住む土地やその風土によって、動物への考えは少しずつ異なると思いますが、そんな日本の中で飼い主が、自分の猫の安全や、周囲への迷惑行為を防止するために選択できるのが完全室内飼いなのだと思います。
自分の猫を守ることができるのは自分だけです。
だから私は外に出すということを考えたことはありません。

ただ、こんなふうに、いろんな意見があることを知り、違う意見を目にすることも、猫の住環境を考える上でとても大事で貴重なことなのだと思います。

長々すみません。
  • 2015-08-29 12:18
  • URL
  • ぎんじろう #-
  • Edit

鍵コメさまへ

怪我をしたキジトラは、
ワンニャン出身の猫ではありません。
ご心配、ありがとうございます。
  • 2015-08-29 14:52
  • URL
  • あーもん #-
  • Edit

ご意見、ありがとうございます。

ひまわりとジャスミン、リラのママさん
ぎんじろうさん
貴重なご意見をありがとうございました。
いろいろな考えを知るのは、勉強になりますね。

少し前ですが、猫を希望されて電話をかけてこられた男性に
家の中で飼うのか、聞いたところ
「ちゃんと外に出して、運動をさせます」
と、自信を持って言われたことがあります。
一昔前だと、そういうものかもしれませんね。
猫は外で自由にのんびりすごし、
ご飯の時に帰ってくるのが当たり前の時代です。

ヨーロッパの方では、猫を外に出さないと
猫を虐待していることになるという
地方もあると聞きました。
時期や場所によっても、考え方は変わりますね。

全国の保護団体、愛護センターなどでは
室内飼いを推奨しています。
なので、つい私たちも
当たり前のように、室内飼いをお願いします。
実際、飼われる方が、みんな同じ考えを
されているわけではないので、
室内飼いは可哀そうとも言われます。

他の方も、ご意見がありましたら
書き込みしてくださいね。

ワンニャンクラブでは、室内飼いは
必ずお願いしています。

  • 2015-08-29 15:09
  • URL
  • あーもん #-
  • Edit

過激すぎた為…

30分かけて入力したコメントが、過激過ぎた?のか受付してもらえませんでした~(┳◇┳)

猫…と言うか生き物に対する寛容さが今はなくなってしまってると思います。

私も昔に2匹の猫を自由猫から室内猫にしました。

その時はマンション住まいになった理由ですが、最初は外に出たがりましたが、慣れたら平気になりました。

避妊、去勢手術をしたら可哀想と言う飼い主と似ているような気がします。

現に妊娠したら捨てる奴や生まれたての猫や犬をゴミの様に捨てて…

可哀想な結果になって、外に出さないのは可哀想と思いますが、今は虐待する奴も多いです。
薬をまく奴も。

現に人の命も奪う事件も多いですよね。
猫となれば、そんな標的にされやすいでしょう。

自分の飼い猫がそんな危険なめに会わないとは限りません。
交通事故も本当に多いし。

もう絶対室内飼いをしてもらいたいです!
  • 2015-08-29 20:09
  • URL
  • すり~きじ~ず #-
  • Edit

すり~きじ~ずさんへ

30分も書けて書いてくれた力作コメント
消えたら、ショックでしたよね。
よくぞ、書き直してくださいました。

そうですね、昔より猫に対する寛容さも
失われてきてますね。

猫が危険な目に合わないように
室内飼いは、お願いしたいです。

反面、全国でTNRの動きが盛んになってきています。
一代限りの命を見守ってください、という趣旨で
避妊手術が行われています。
そんな猫たちが、最後までお外で命が全うできるように
温かい目で見守ってくださる人が増えることを願います。
  • 2015-08-29 22:33
  • URL
  • あーもん #-
  • Edit

もう20年以上前の話ですが、当時飼っていた猫は自由に家の外に出していました。
あの頃はそれが普通でした。

でもある日、その猫はどこかで農薬か除草剤を口にしたらしく、苦しみながら死んでしまいました。
外は危険がいっぱいです。

事故も然りですが、最近は虐待のニュースもよく目にします。
家猫は確かに自由がなく、可哀想だなと思います。
でも、外に出すことのリスクを考えると、やはり室内飼いにするべきだと思います。


  • 2015-08-29 22:40
  • URL
  • みりあ #-
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-08-30 01:39
  • #
  • Edit

いくら 室内がいに しようと、思っても ふとしたことで 脱走してしまうことありますね。

今回のように 首輪などに 飼い主さんの連絡先が 記されていること 大事だと思いました。

そして 飼い主さんは 外に出してしまったけど、大事に大切に 育てていたんだと 思いました。
でも気をつけてほしいですね
  • 2015-08-30 07:59
  • URL
  • なお #-
  • Edit

みりあさんへ

20年前は、お外に猫を出すのが、当たり前でしたね。
サザエさんちのタマのように。
動物病院も少なかったから、避妊手術も
してないことがほとんどかと思います。

ペットの飼育方法も、時代によって
変わりますね。
  • 2015-08-30 08:15
  • URL
  • あーもん #-
  • Edit

鍵コメOさまへ

そうなんですか!
ちょっと見方が変わります。
教えてくださり、ありがとうございます。
  • 2015-08-30 08:16
  • URL
  • あーもん #-
  • Edit

なおさんへ

そうなんですよ。
今回は連絡先がすぐにわかったので
ワンニャンにとっても、とても助かりました。
飼い主さんも、いつまでも我が子が帰って来ないのでは
とても心配されたと思います。

淡路の中でも、交通量の一番多い場所です。
危ないなあ、と思いました。
  • 2015-08-30 08:18
  • URL
  • あーもん #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aamonn

Author:aamonn
*我が家の猫たち

ナッツ(茶白)
2010年4月生まれ
保護部屋出身

チョコ(キジトラ)
2010年8月生まれ
1か月くらいの時に、怪我を
していたところを保護。

まる(サバトラ白)
年齢不詳
以前いた犬の散歩のときに
付いてきた、人懐こい野良猫。


淡路島の保護部屋の
お手伝いをしています。

保護部屋の猫さんで
気になる子はいませんか。
下の欄の検索フォームで
猫の名前を、検索してください。
ブログ内のその子の記事を
見ることができますよ。

ブログ内で使用した写真は、
雑誌などの応募に使わせていただくかもしれません。
里親さん、ご了承くださいませ。

リンクは、ご自由にどうぞ。
リンクをしたお知らせをいただけると
嬉しいです。

大変申し訳ありませんが
保護依頼は、受けておりません。

私たちの活動に
ご賛同いただける方は


*ゆうちょ銀行からの振込み
 口座記号番号  00990-2-305364
 口座名称 にゃんむすび

*他の銀行からの振込み
 ゆうちょ銀行 
 店名(店番) 〇九九 ゼロキュウキュウ  (099)
 口座名称 にゃんむすび
 口座番号 0305364
 預金種目 当座

こちらにお願いします。

検索フォーム

お買い物!

カウンター

にほんブログ村

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ランキング