捨てられた子猫たちの、痛々しい姿






淡路ワンニャンクラブは

捨て犬・捨て猫の命を救い

里親探しをしていくボランティアです。

飼い猫が産んだ子猫

餌をあげている野良猫が産んだ子猫を

引き取る場所ではありません。

不幸な子猫を増やさないためにも

避妊手術をお願いします。












今日は、痛々しい写真を

たくさん載せています。

苦手な方は、気を付けてください。

山に捨てられた、子猫たちの姿です。











数日前、

にゃんむすびの問い合わせに

メールが届きました。


「6匹の子猫が山道に捨てられていて

目のつぶれている子猫もいます」


6匹・・・

とうてい、今のワンニャンでは

すぐには受け入れができません。





でも、添付されていた写真には



子猫1











子猫2



炎天下の中、目の状態のひどい

子猫たちの姿があります。






見つけた方に、一時的に

預かってもらうことも考えましたが

猫を飼ったことのない方に

この子たちのお世話を頼むには

あまりにも、状態が悪そうです。




ワンニャンで引き取るにしても

猫風邪のひどい子を保護部屋に入れたら

他の子たちにうつってしまい

恐ろしいことになってしまいます。

なので、預かりの猫を、

さらに別に預かりさんに頼んで

と、まるでパズルのように

異動させることにしました。











昨日夕方、保護主さんたちと

にゃんむすさんで、子猫たちを保護しました。

最後の1匹は、怖がりでなかなか捕まらず

みんなで、山のやぶの中を四つん這いになって

捕まえたとか。

きっと、にゃんむすさんがブログで書いてくれるでしょうから

詳しくは、そちらをご覧くださいね。

保護主さんの話だと、8匹いたそうですが

2匹は死んでしまったそうです。


その時、送られてきた写真



シャイニー・エドガー











最初に捕まった5匹の子猫は

保護主さんが、病院へ連れていってくれ

そのまま、ワンニャンの廊下のケージへ。

最後にようやく捕まった1匹は

今朝にゃんむすさんが病院へ寄ってから

連れてきてくれました。










大きさに違いがあり、

2匹の兄弟と、4匹の兄弟のようです。





2匹の兄弟


みけにゃん・ちゃみけ1


3か月くらいの女の子










みけにゃん



ちゃみけちゃん











ちゃみけ


みけにゃんちゃん















顔の汚れが、悲惨な毎日を想像させます。



ちゃみけ2



綺麗にしようね。











みけにゃん2



一度には無理だから、このくらいで。

風邪が治ったら、可愛い三毛ちゃんに

なりそうですよ。


ほくほくさんの自宅で、預かることになりました。












4匹は、1か月半くらいの兄弟です。


症状の軽い順に、紹介します。




最後に捕まった、


くろにゃん1


くろにゃん君










くろにゃん2


左目の瞬膜が出てきてます。

汚い目やにも、出てきていました。














マックス1



マックス君











マックス2


両方の目の瞬膜が出てきており

目ヤニも、両目から出ています。
















エドガー1



エドガー君











エドガー2



顔が、ただれています。

目も膜に覆われて、かろうじて見えている程度。










エドガ-3



こんなに小さな体で、

暑さ、空腹、喉の渇き、痛みと

闘っていたのです。

目の癒着が進んで、

眼球が見えなくなってしまわないように

何回も、何回も、目薬が必要です。











最後は


シャイニー1



シャイニー君











シャイニー2



左目の眼球が、飛び出しています。












先ほど載せた、保護されたばかりの写真を

もう一度見てみましょう。


シャイニー 保護時



手前にいるのが、シャイニーですが

左目は白く濁っているだけで

潰れてはいませんでした。

一歩、遅かったようです。














くろにゃん3


くろにゃん、マックス、エドガーは

えむさんに、預かっていただきました。

エドガーの目は、午前中に比べて

更に目がくっついてきてしまったので

夜、病院へも行ってもらいました。

なんとか、目が癒着しないように

と願ってます。












シャイニー3


眼球が飛び出してきてしまった、シャイニーも

再度、受診しました。

目の洗浄のときは、とても痛がったそうです。











シャイニー4



この飛び出した部分は、

目の一部なので、目を動かすと

一緒に動いています。


2日後に、眼球摘出の手術を

受けることになりました。

ただ、小さな子猫ですので

いろいろなリスクがあるようです。

どうか、うまくいきますように。











シャイニー5


目を触らなければ

痛みはなさそうです。

2日間、我が家で様子を見ることにしました。


痛々しい姿に、胸が苦しくなります。










命を捨てる人は

自分の幸せも捨てている人だと

思っています。

子猫たちは、何も悪いことをしていないのに

何故にこんなに苦しまなくてはいけないのでしょうか。

誰の目にも触れず、息絶えていく命が

いくつもあるのかと思うと、悲しくなります。










最新の里親募集状況は「にゃんむすび 里親募集」から

ご支援は、「にゃんむすび ご支援」からお願いします。

ご支援、よろしくお願いします 





眠気をこらえながら

ブログの更新をしますので

応援クリックをお願いします。
    
     ↓

人気ブログランキングへ





こちらもポチッと!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村



 


こちらも押してね。





この子たちの未来が

輝きますように・・・。





拍手のあとは、poptekoさんのブログへGO
スポンサーサイト

コメント

ひどすぎる。

ひどすぎます。心が痛くなりますね。なんとか、手術が上手くいくように、祈ってます。こんな小さな子たちを無情に捨てるなんて。許せません。
  • 2015-08-06 23:32
  • URL
  • sugar #-
  • Edit

飼い猫ちゃんが産んだ子供なのか、
野良猫ちゃんが自分の家の敷地で産んでしまったのか、
どちらにしても本当に胸が痛くなります。
猫は外でも勝手に生きていける、と都合の良い勘違いをしている方々に現実と向き合ってもらいたいですね。
メディアでたくさん取り上げてくれたら良いのにと思います。
たくさんの保護にゃんを抱えていて大変だと思いますが、よろしくお願いします。
みんな、頑張ってね!
  • 2015-08-06 23:55
  • URL
  • エース君ママ #-
  • Edit

頑張れ‼︎‼︎‼︎

仔猫達の写真を見て、ココロがとても痛くなりました…
私も目も開いてない仔猫を保護して、もう11歳になります愛猫『くま♀』と一緒に暮らしております。
ミンナ、良い里親さんに引き取られる事を願っています。
自分にも何か出来ないかと、考えますが、お恥ずかしながら生活保護を受けている身、無力さを痛感致します(>_<)…
こう言うコメントを書くのが、初めてな為、失礼があったらスミマセンm(_ _)m
不幸なニャーにゃんが、一人でも減る様、心から祈っています。
保護の活動をしている方々も、心から応援しております。
ミンニャ、皆さん、頑張って下さい。
乱文にて失礼いたしましたm(_ _)m

フワティ、ミルミルの里親です。
涙なしでは読めませんでした。涙で途中画面がにじんでは読めなくなりました。悔しくて。人間というものが恥ずかしくて。悲しくて。でも最期まで覚悟を決めて拝読しました。
この子達のこの姿を捨てた人間に見せてあげたい。行いのその後を思い知って欲しい。取り出した眼球を引き取ってほしい。
それでも何にも感じないような人がこういうことを繰り返すのでしょうか。
少なくともこの子たちを見るたびあーもんさんが感じる苦しみや痛みの寸分の1も、その人達は感じないんじゃないだろうか。

1番つらいのが、それでも、それでも、保護していただけたこの子達は……この先に続ける言葉が見つかりません。とても今は幸せという言葉をこの子達には使えなくて…。
どうか、手術が無事に終わりますように。この子達が幸せという言葉がぴったりな猫生と巡り会えますように。


  • 2015-08-06 23:57
  • URL
  • りんりん #-
  • Edit

追伸
度々すみません。

シャイニー君はおメメは一歩遅かったかもしれないけれど、命をあと一歩のところで助けていただけたと思います。
感謝しかないです。

本当に、この子を見るたびあーもんさんが受けるであろう苦しみを思うだけで涙がうかびます。
返信などは不要ですので、どうかご自身の心も大切になさってくださいね。
  • 2015-08-07 00:06
  • URL
  • りんりん #-
  • Edit

はじめまして。
いつも拝見しています。
私も猫を捨てたりする人は必ず同じような経験をすると思っています。
この子たちが人間だったら同じように捨てたりはしないでしょう。
動物だからこんなことができる?
生き物は全て一緒です。
命は粗末にしてはいけないですよね。
みんな痛々しくて、なんといっていいのか。。ただ幸せを心から祈ります。
幸せがたくさん訪れますように。
元気になりますように。
  • 2015-08-07 00:10
  • URL
  • mimi #e3Ik7jfU
  • Edit

痛かったね、つらかったね、よく頑張って生きててくれたね。あーもんさん、保護してくださりありがとうございます。きっと、どの子もきれいな顔のかわいいにゃんこになります。この活動を讃える言葉が見つからないくらい、大きな感謝を私たち読者は感じております。傷ついたにゃんこたちを守るスタッフの皆さんもまた傷ついたことでしょうね。ごめんね。
  • 2015-08-07 00:58
  • URL
  • みわっち #-
  • Edit

ひどすぎます…

どんなに、辛かったでしょう。

昨日は広島の原爆投下の日で終戦記念日が近いですが、命をかけて沢山の方々が必死に日本を守ってくれたのに、今の日本を恥ずかしく思います。

人間に対してもですが、何も抵抗も出来ないこの子たちにこの様なひどい事をする人間は絶対罰が下ります!!
  • 2015-08-07 02:08
  • URL
  • すり~きじ~ず #-
  • Edit

涙が出てきます
あんなに小さいのに、痛いの、ひどすぎる。
人間の子供も、大人の痛みの3倍を感じるって昔何かで学習しました(毛穴と同じく痛点も大人とおなじだけあるんだって)。
どんなに痛いか。
かわいそうに。
もう、大丈夫だからね、安心していいからね。
  • 2015-08-07 03:46
  • URL
  • えす #-
  • Edit

酷い…

写真を見て…
ものすごく胸が痛みました。
捨てられた猫ちゃんなのか野良ちゃんなのか分かりませんが…
もし飼われていて捨てたのなら本当に信じられない…
そんなことが平気で出来る人がいるなんて…

どうか、みんな頑張って生きてほしいです‼
小さな命、頑張れっ‼
  • 2015-08-07 04:59
  • URL
  • よつば(元ルピー)🍀の母です #-
  • Edit

涙が止まりません。
人間でもこの暑さ耐えられない位なのに、こんなに小さい体で目の状態も酷くて、辛かったね。怖かったね。
小さい体で本当によく頑張ったね。

1日も早く痛みのない状態になって欲しいです。
治療は痛いと思うけど、みんな頑張って!
みんな絶対に素敵な里親様が見付かるよ!
この子達を捨てた人が居るなら、絶対にバチが当たると思います。

初めてコメントします。
去年の夏、捨て猫の事でワンニャンにご相談させて頂きました。
私が保護した猫も炎天下の中、かなり衰弱していました。猫風邪
こそ引いていなかったものの痩せ細り、体重も同じ月齢の猫の半分
くらいしかなかったです。排泄物の中に土や草が混じっていたと
お世話になった獣医さんから聞いた時にはすごく胸が痛みました。
どれだけの間、暑さや、飢えと渇きと闘っていたのか・・・
(複数の猫が捨てられていたようですが、私が保護した猫以外は
亡くなったようです・・・)
その猫は、今は良い人にもらわれて、幸せに暮らしています。
6にゃんも頑張って生きてほしいです。
あーもんさんやスタッフの皆さん、ただでさえ真菌で大変な思いを
しているのに・・・心中を思うと言葉になりません。
どうかご自愛くださいね。
  • 2015-08-07 06:51
  • URL
  • Nagi #-
  • Edit

悲しいです。
画面を通しているだけの私でも涙が出てしまうのに、実際にこの子たちと向き合われるみなさんにはどんなにお辛い気持ちでしょうか。

うちの二匹目のねこはエドガーくんのような状態で保護しました。
病院の先生には、とにかく命が助かったらよしとしなさい、目はあきらめなさいと言われました。
どうしようと思いましたが、とにかく生かすことで必死でした。仕事をしていても気になり、夜物音がすれば飛び起き…(幸い目の癒着は改善し、鼻涙管の閉塞は残りましたが元気に暮らしています)
みなさんはそれが毎日、何匹もなんですよね。
この気持ちをお伝えする言葉が見つからず、月並みな表現ですが、本当に頭が下がります。

子にゃんたち、生きよう!
祈っています。
  • 2015-08-07 09:15
  • URL
  • ぎんじろう #-
  • Edit

手術 無事にすみますように…

子猫ちゃんたち 必ず 必ず 幸せになって
下さい。

保護してもらって本当に 本当に
ありがとうございます。


  • 2015-08-07 10:52
  • URL
  • O.Y #-
  • Edit

シャイニーちゃんのために

胸を傷めております。いつもブログを拝見させていただき感謝しております。関東住みのため里親やお預りで協力はし難いのですが、シャイニーちゃんの手術のためにご寄付をさせていただきたく存じます。

よろしくお願いいたします。
  • 2015-08-07 10:55
  • URL
  • なちゅるん #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aamonn

Author:aamonn
*我が家の猫たち

ナッツ(茶白)
2010年4月生まれ
保護部屋出身

チョコ(キジトラ)
2010年8月生まれ
1か月くらいの時に、怪我を
していたところを保護。

まる(サバトラ白)
年齢不詳
以前いた犬の散歩のときに
付いてきた、人懐こい野良猫。


淡路島の保護部屋の
お手伝いをしています。

保護部屋の猫さんで
気になる子はいませんか。
下の欄の検索フォームで
猫の名前を、検索してください。
ブログ内のその子の記事を
見ることができますよ。

ブログ内で使用した写真は、
雑誌などの応募に使わせていただくかもしれません。
里親さん、ご了承くださいませ。

リンクは、ご自由にどうぞ。
リンクをしたお知らせをいただけると
嬉しいです。

大変申し訳ありませんが
保護依頼は、受けておりません。

私たちの活動に
ご賛同いただける方は


*ゆうちょ銀行からの振込み
 口座記号番号  00990-2-305364
 口座名称 にゃんむすび

*他の銀行からの振込み
 ゆうちょ銀行 
 店名(店番) 〇九九 ゼロキュウキュウ  (099)
 口座名称 にゃんむすび
 口座番号 0305364
 預金種目 当座

こちらにお願いします。

検索フォーム

お買い物!

カウンター

にほんブログ村

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

ランキング